周辺

ゆったりと足助町で、見て楽しむ・・・歩いて楽しむ・・・

足助中馬館
昭和56年3月に町の文化財に指定されました。この社屋は、大正元年(1912)に建造されたもので、今は数少なくなった明治から大正にかけて地方銀行社屋の典型的な建造物です。
足助資料館
縄文時代を象徴づける遺物である、石鏃(矢じり)と土器の資料館です。この時代を生きた人達の生活を見ることができます。
     
足助城
足助城は「真弓山城」とも呼ばれ、戦国時代の山城です。発掘調査などに基づく本格的な山城の整備は全国でも始めての試みです。
香嵐渓
香嵐渓のもみじは今から350年前に香積寺の和尚がうえたのが始まりと言われています。春は、かたくりの花、夏は水遊びと鮎釣り、秋はもみじ・ライトアップされ一年中楽しめます。
 
     
もみじまつり
11月1日〜11月30日の間、香嵐渓にて行っています。期間中は、日没からライトアップを行い、香嵐渓では週末ごとのお茶会、和太鼓の演奏など各種行われます。
中馬のおひなさん
公民館・中馬館などに衣装ひな、土ひな、ひな祭りの道具など展示すると同時に、足助の町並みの中では、各商店に店先に様々な年代・表情のお雛さんが飾られています。
 

<<TOPへ戻る 

Copyright (C) 2006 Liberty All rights reserved.