館内
香嵐渓
紅葉
もみじ

香嵐渓のもみじは、香積寺11世の三栄(参栄)和尚が、美しい自然を、より美しくとの願いをこめて、巴川沿いの参道から香積寺にかけて楓、杉などを植えたのがはじまりといわれています。

その後大正から 昭和の始めに住民の手により植えたされ、現在の景観を誇っています。
もみじ

足助川と巴川が合流する巴橋から約1km上流の香嵐橋付近では、毎年11月中〜下旬頃、約4000本のモミジが紅葉し、みごとな景観を見せます。

四季折々に自然を楽しめる渓谷沿いの山里です。

夜景

香嵐渓

見頃は11月中旬から下旬。(年によって多少前後します。)また、11月の1ヶ月間は、夜間のライトアップも行われています。時間は日没から午後9時まで。昼間とは違った幻想的な雰囲気が楽しめます。

<<TOPへ戻る 

Copyright (C) 2006 Liberty All rights reserved.